公益財団法人 エイズ予防財団

HOME >> レッドリボンについて

レッドリボンについて

レッドリボンとは

“レッドリボン(赤いリボン)”は、古くからヨーロッパに伝承される風習のひとつで、もともと病気や事故で人生を全うできなかった人々への追悼の気持ちを表すものでした。

この“レッドリボン”がエイズのために使われ始めたのは、アメリカでエイズが社会的な問題となってきた1990年ごろのことです。このころ、演劇や音楽などで活動するニューヨークのアーティストたちにもエイズがひろがり、エイズで死亡する人々が増えていきました。
そうした仲間たちに対する追悼の気持ちとエイズに苦しむ人々への理解と支援の意思を示すため、“赤いリボン”をシンボルにした運動が始まりました。

この運動は、その考えに共感した人々によって国境を越えた世界的な運動として発展し、UNAIDS(国連合同エイズ計画)のシンボルマークにも採用されています。
レッドリボンは、あなたがエイズに関して偏見をもっていない、エイズと共に生きる人々を差別しないというメッセージです。

このレッドリボンの意味を知り、レッドリボンを身につけることによって、エイズのことをみんなで考えましょう。

レッドリボンの使用について

“レッドリボン”は、エイズへの理解と支援の象徴として使われています。
エイズ予防財団では、HIV感染症・エイズの予防とまん延の防止、エイズの流行に影響を受けている人々の人権の尊重と偏見・差別の解消という、社会全体が目指すべき目標を実現するために、レッドリボンの普及推進に努めています。

そのため、使用についての一切の権利を設けていません。
デザインやサイズなどオリジナリティにあふれたレッドリボンを作成して、この運動を推進してください。

オリジナルグッズ、ダウンロードフリーのデータも用意していますので、ぜひご活用ください。

オリジナルグッズ(ピンバッジなど)
レッドリボンデータ (外部サイト:API-Net)