公益財団法人 エイズ予防財団

HOME >> 「第11回アジア太平洋地域エイズ国際会議」派遣事業について(募集)

「第11回アジア太平洋地域エイズ国際会議」派遣事業について(募集)

公益財団法人エイズ予防財団では、平成25年度厚生労働省エイズ予防対策事業として、第11回アジア太平洋地域エイズ国際会議(別添の会議概要参照 )への参加助成を実施することとし、次により助成を希望する者を募集します。
1 事業目的:
平成25年11月18日~22日に、バンコク市(タイ王国)で開催される第11回アジア太平洋地域エイズ国際会議に参加する、研究者、NGO、医療従事者等の会議登録料、旅費等の助成を行い、より多くの関係者が各国からの会議参加者との意見交換及びエイズに関する最新の知見を得ることにより、わが国のエイズ対策の広範な充実、活性化を図る。

2 助成対象者:
次の要件を全て満たす者14名以内とする。
① 会議で明確な公的役割があること(口演等)。
② 会議の成果を国内で還元する具体的計画があること。
③ 会議に参加できる語学(英語)力があること。
④ 他機関からの旅費等の補助を受けていないこと。

3 助成内容:
会議登録料、航空券代、宿泊費について、1人当たり合計15万円以内の実費額を助成する。

4 申請の手続き:
別紙1「申請書」と別紙2「行程調書」に必要事項を記入の上、財団宛てに郵送で提出する。

別紙1「申請書」   別紙2「行程調書」

5 募集期間:
平成25年8月2日(金)~8月30日(金)(※必着)

6 参加者の決定:
分野別バランスを考慮し、厚生労働省健康局疾病対策課との協議、選考により決定した上、各人に通知する。

7 参加報告:
助成を受けた者は、帰国後、同会議の詳細を財団に報告する。

8 照会・提出:
公益財団法人エイズ予防財団
「第11回アジア太平洋地域エイズ国際会議」派遣係(担当:柏崎)
〒101-0061 東京都千代田区三崎町1-3-12 水道橋ビル5階
電話:03-5259-1811

条件について

  1. 助成対象者はこの会議への参加が主目的の方とし、開催地(バンコク市)に11月20日早朝までに到着し、現地を11月22日の夕方以降に出発する方が対象です。
  2. 個人目的の訪問、滞在延長を予定している方は、対象になりません。業務上必要な立ち寄りや会議期間前後の延泊を必要とするときは、申請時に理由書を添えてください。
  3. 他機関からの会議参加のためのスカラシップや重複の旅費補助のない方が対象です。ただし、この会議への参加のために不足する経費を他から補填してもらう場合はこの限りではありません(国内交通費等)。
  4. 旅行手配は各自で行ってください。申請時に手配済みである必要はありませんが、提出した行程調書と実際の旅行行程が大幅に相違する場合は、助成の対象とならないのでご注意ください。
  5. この事業への参加回数は原則として2年までとします。参加回数が3回目以上となる参加者は優先順位が下がります(助成決定後に自己都合で辞退やキャンセルをした場合、次年度以降の選考の際に不利になることがある)。
  6. 多くの方に会議参加の成果を還元するために、参加者から提出された報告書は財団のホームページで公開します。

助成選考の結果について

 選考結果は、9月下旬~10月上旬ごろに書面で通知します。
 なお、助成が決定された方は、10月中旬までに、誓約書、予約済みの航空券の写し及び会議登録した資料を提出してください。

帰国後の手続きについて

  1. 助成を受けた参加者は、帰国後、所定の期日までに以下の書類を提出してください。
    ①報告書
    ②会議登録料に関する書類(明細・領収書)※原本
    ③航空券に関する書類(半券・領収書)※原本
    ④宿泊費に関する書類(領収書) ※原本
    ⑤振込み指定口座の通帳の写し(銀行名・支店名・口座名が明記されているもの)
     
  2. 財団において確認を行った後、指定の口座に助成額を振り込みます。